La Vie d'un Guide

山の男! 江本悠滋のBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分の中のもやもや・・・

2008年も後、1週間。

ここしばらく僕の頭の片隅にある《もやもや》を少し整理する為にもここに書き残したいと
思います。

昨日、偶然読んだ《山と渓谷 2009年 1月号》の《ガイド選び》と言う記事を読んだ事で僕
自身の考えを多くの人に伝えたいと思いちょっと長い文に成りそうですがガンバってみます。

PS:この対談へ僕にも声がかかりましたがスケジュール的に難しくお断りさせて頂きました。


最近、スキー雑誌でもバックカントリーを始める人向けに、色々なツアーガイドや会社が紹介
されています。そして、ここ最近では【"有"資格ガイド】と【"無"資格ガイド】言う資格を持つ
か持たないかで分けられる傾向に有るように感じます。

ではここで言う【資格】とは何か?

【社団法人日本山岳ガイド協会】の資格の事を指す事が多いです。

このしたメディアの傾向を素直に喜ぶ"有"資格ガイドも居ると思いますがゲスト側はどう感じ
ているのでしょうか?

『へ~。この資格を持ってる人と行く方が良いんだ・・・』

と成る事が多いでしょう。でもその安易な判断って正しいの???

自分も日本でガイド業を行なう為に、友好的感覚で日本のガイド組織に所属しました。
もちろん自分はフランスガイド組合に昔から正式に加入し、国際ガイドとしてガイドをして
いるので日本でガイド組織に加入する”義務”は有りません。(日本ではガイド業に資格が
必要と言う決まりも無いので根本的に比較出来ませんが)
しかし、この加入により日本の組織内では資格更新研修に参加しなかったとして2も前か
ら【資格停止】と言う形に成っていました・・・。 
それを偶然知る事に成ったのですが・・・まあこの話しは以前ここに書いたのでこの辺で終わ
りにし、本題に戻るとこの協会に現在資格停止中のガイドが140人も居ると言う事です。

それで何人ガイドがこの協会に所属してるのか知りたく調べたら(いまさらですが・・・)
1000人位のようです。もし知ってる人ましたらコメントお願いします。

と言う事は今世論がお進めする有資格ガイドの1割がガイド資格が資格停止のまま登録され
ていると言う事です。
昨年(?)八ヶ岳は赤岳主凌で起きた事故のガイドもこの資格停止中のガイドだったようです。

これはガイド協会の資格の有無で判断した場合にもこうした問題が有ると言う事です。

なのでこの協会の資格を持ってる人が良い!と言う結論は以前話した事を読んで頂ければ
多少解って頂けると思います。 (以前話した事=上のリンク記事と同じです。)

そして話しは進み、【山と渓谷】の《ガイド選び》と言う所での内容に関して。
ここに出て来る3人のガイドの意見は間違ってはいないと思うけど正しいとも思いません。

この3人の中で個々の違いをアピールしている事は伝わるのですが・・・
《僕達のような”有資格”ガイドを使って山へ行こう!》と言う部分では根本的な資格問題に
触れて居ないのもどうかと。

そこで、自分が何を伝えたいかと言うと結論は【社団法人日本山岳ガイド協会】さん!
もっとしっかりガイドを育成&管理して下さい。
多くの人が勘違いしてこの所属するガイド
は”皆”有質のガイドで有ると間違った判断を持ち、結果ガッカリする事に成りますよ。せっか
く日本山岳ガイド協会の看板を背負って頑張ってる優秀なガイドが居るのですから。そん彼ら
の為にも、日本山岳ガイド協会の為にももう少し真剣に取り組んで欲しい。
と言う事です。

クライアンとはすでにそれなりの基準をベースにガイド選びをしていると思います。
-資格を持ってる持っていない
-登山経験が豊富
-男性だから/女性だから
-歳が近い
-目が青いから
-優しいから
-料金が安いから
などなど

しかし、ここで個人の好みの部分以外の判断基準と成る【資格】がどの程度の事なのかを明確
にする事も大切だと思います。

そこから、しんの《ガイド選び》を始めるべきでしょう。

クライアント側からすれば誰を選んだら良いのかってやはり前回(上にリンクと同じように)
と同じく何処を基準で選んで良いかわからないですよね。

毎日口にする食品も同じと言ってしまえば寂しい限りですが・・・
  1. 2008/12/22(月) 18:45:17|
  2. 一言もの申す!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松本ブンリン【追加版】 | ホーム | 今年最後の>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emotoyuji.blog60.fc2.com/tb.php/679-1df04aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

江本悠滋

Author:江本悠滋
☆フランス国家山岳ガイド
☆フランス国家スキー指導員
☆UIAGM国際山岳ガイド

↓江本悠滋のOFFICIAL SITE↓
http://www.emoto-yuji.com

スポンサー:
adidas
ADIDAS EYE WEAR
ARC'TERYX
ATOMIC
BLACK DIAMOND
BEAL
NANGA
SCARPA
SWIX
大塚製薬
タクトスキーラボ

日々の事や道具の事、ふと気が付いた事などなど色々な事を書いて行きます。
☆☆どんどんリンクを自由に貼って下さい☆☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

訪問者数

忍者ビジター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。