La Vie d'un Guide

山の男! 江本悠滋のBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネズミ返し

DSCF2429.jpg

こんな変わった建物が今の残るスイスのツェルマット。
生憎のお天気で山には登れず&姿を見ることすらできず。

それにしても日本人の観光客が多い所ですね。
町の中を地図を持って添乗員の後ろに並び・・・
山のレストランでも大きな声で『はいっ!皆様~これからの予定をご説明しま~す!・・・』
って他の席では皆ゆっくりコーヒーを楽しんでいると言うのに。
DSCF2436.jpg

↑CARDINALってのはスイスのビールブランド

少し前に中国からの観光客と一緒に成ってなんでこんなに中国人はって思ったけど、僕達
日本人もそんなに変わらないなって。

添乗員はその国の文化や習慣に日本人を合わせさせる努力をするのも大切な仕事。
そう僕のような山のガイドも同じ。
日本での登山のあたりまえはここではあたりまえで無い事が沢山あるのです。
  1. 2008/07/08(火) 02:12:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<フィナーレ | ホーム | 何処に登ったかは>>

コメント

ごぶさたです。
いつものヨーロッパ通信いいですねぇ。

差別をほとんど感じないスイスでも、男三人でツェルマットのレストランに行ったときのこと、日本人専用(?)部屋に通され、アラカルトを選ぶ余裕もなくフォンデュを食べろといわれたことがあります。僕たちもその部屋で食事するのはいやでした。
どこに行っても自分たちのスタイルを持ち込むんじゃなく、文化の違いを感じ居心地のわるさも楽しんだり、どうして?って思うのも旅の楽しみだと思うんですがね。

続編たのしみにしてます。
  1. URL |
  2. 2008/07/08(火) 06:45:09 |
  3. O #mQop/nM.
  4. [ 編集]

白馬通信でーす。
そろそろ梅雨明け間近?
今日は蒸し暑くなりそうです。
クライミングをぼちぼち復活させてますがなかなか岩場にいけるチャンスがありません。
久しぶりにエモナビ搭載でいきたいな。

  1. URL |
  2. 2008/07/12(土) 11:40:36 |
  3. NAHO #eY68w0W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emotoyuji.blog60.fc2.com/tb.php/544-096174a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

江本悠滋

Author:江本悠滋
☆フランス国家山岳ガイド
☆フランス国家スキー指導員
☆UIAGM国際山岳ガイド

↓江本悠滋のOFFICIAL SITE↓
http://www.emoto-yuji.com

スポンサー:
adidas
ADIDAS EYE WEAR
ARC'TERYX
ATOMIC
BLACK DIAMOND
BEAL
NANGA
SCARPA
SWIX
大塚製薬
タクトスキーラボ

日々の事や道具の事、ふと気が付いた事などなど色々な事を書いて行きます。
☆☆どんどんリンクを自由に貼って下さい☆☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

訪問者数

忍者ビジター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。