La Vie d'un Guide

山の男! 江本悠滋のBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久々の故郷

最近はこの夏にしか帰る事の出来ない僕の『故郷』。
ここはTHONESって言う小さな村でシャモニーまで1時間アヌシーまで30分、
ジュネーブまで1時間30分って場所です。ここに17歳から23歳まで住んでました。
だからここへ行くのって自分にとっては帰るって感じなのです。
DSCF2359.jpg

僕のザイルパートナーだったリシャー!
写真の左。彼とも本当に色々な事をしたな~でもここ2年は家造ってて山は行ってない感じ。
フランス人の多くはこうやって内装は自分でやるってのも多いみたい。
今年の夏には中に住めるみたいだから来年は一緒に登れるかな~!
DSCF2360.jpg

これがその家の外見です。
うらやましいな・・・
その後は金曜日と言う事もあって昔の仲間とアペリティフ(食事前に酒飲むってだけの事)
DSCF2361.jpg

左からエリック、プィリップ、レオン。
エリックは僕にクライミングを教えてくれた人。
あの頃、僕がいくら必死で岩に登っても登れないルートを簡単そうに登ってたのは衝撃的
だったな。足を使う事を凄く教えてくれた。僕のクライミングで最初の先生だね。
奥さんのナタリーも凄く良い人で素敵な家に住んで息子2人はもうすっかり大きく成って
上が21・・・僕がここに住んでる頃は彼らまだ小さな子供だったな~。
プィリップ。彼、あのTSLって言うスノーシューメーカーの社長。僕も彼の従兄弟とバイ
トで彼の家行ってスノシュー組み立てたな。その時は年間6000台だったスノーシュー
が今や20万台・・・。彼のお父さんも山岳ガイド、お兄さんは山で命を落とし、彼自身は
地元のCAF(フランス山岳会)で地元の子供にクライミングをさせるのに一生懸命だったな。
今や100人以上の社員を使う社長だ。
レオン。彼はそう僕が初めてアイゼンを履いてモンブランに行った時、彼のパーティー
だった。あの苦しく長いモンブランへの道・・・でもその後に何かを感じたのはこうした
素敵な《人》と出会えていたからだと思う。

この後、久しぶりの再会で皆と飲み過ぎたと言える程飲んだ・・・
久しぶりにもう無理と言うまで飲んだ。飲めた。(普段は殆どお酒飲みません。)

翌日も頭が痛いほど飲んだけど皆とこうして会える事、幸せだな。


江本悠滋のオフィシャルサイト
《http://www.emoto-yuji.com》へも是非ご訪問下さい。
  ↑↑↑↑クリック↑↑↑↑
  1. 2008/06/15(日) 18:13:28|
  2. プライベート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<強いクライマーは強いね~ | ホーム | 日々更新中です>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://emotoyuji.blog60.fc2.com/tb.php/532-0f8deaa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

江本悠滋

Author:江本悠滋
☆フランス国家山岳ガイド
☆フランス国家スキー指導員
☆UIAGM国際山岳ガイド

↓江本悠滋のOFFICIAL SITE↓
http://www.emoto-yuji.com

スポンサー:
adidas
ADIDAS EYE WEAR
ARC'TERYX
ATOMIC
BLACK DIAMOND
BEAL
NANGA
SCARPA
SWIX
大塚製薬
タクトスキーラボ

日々の事や道具の事、ふと気が付いた事などなど色々な事を書いて行きます。
☆☆どんどんリンクを自由に貼って下さい☆☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

訪問者数

忍者ビジター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。